世界で初めてダイヤモンドを身につけた女性!!

0
    JUGEMテーマ:ファッション
     
    1430年ごろのフランスで世界で初めてダイヤモンドを身につけた(とされる)女性が、いたらしい。

    フランス王シャルル7世の愛人でアニェス・ソレルという人物。
    一般の家庭に生まれたものの、その稀な美しさから宮廷に赴くことに。

    それまで身分ある男性の権力の象徴として身に着けられていたダイヤモンドを
    女性で初めて身に着けた、とのこと。

     ↓ 確かに超美人。。

     
     「ダイヤ?もちろんおねだりしたわ。」


    調べていくうちに、片方の胸をあらわにした絵が多いので「?」と思っていたら、、、
    アニェス・ソレル自らわざわざ片方の胸を出すようなデザインのドレスを特注していたとのこと。

    もちろん、この時代だからということではなく本人の希望。。
    なんでも自分の美しいオッパイをみんなに見てもらわなきゃ!と考えたらしい。
    驚きすぎてあぜんです。



    この時代はたいがい貴族を描くときは聖母子像などをモチーフにして
    宗教画ちっくに描いたりするので、授乳のためポロリしていたのかと思いきや、、

     
       「ホラホラ!見ときなさいよ!」

    普通の肖像画でも・・・やっぱり出してます。

    ちなみに、、
    栄華を極めていた彼女も若くして亡くなってしまったのでした。。
    もし長生きだったらこのポロリドレス、おばあちゃんになるまで着たんでしょうか・・・?


    アクセサリーやジュエリーのいわれなんかは意外と西洋史の勉強になります。
    こんなちょっと面白いエピソードも知ったり。(笑)

    ラインストーンの流行再び!!そもそもラインストーンって??

    0
      JUGEMテーマ:ファッション
       
      ラインストーン、じわじわとその人気が上がってきてますね。

      もともとは、ドイツのライン川で採掘された水晶から宝石の原石を切り取った
      ものを言っててそれがそのままこんな言い回しになった…という説、
      ライン川河岸のストラスブールで、人造ダイヤが製造されていたことから
      Caillou du Rhin(ライン川の小石)と呼ばれていたものがそのまま英訳された…とも。
      と、宝石でもないのに、こんな諸説あるところが面白いです。

      さて、zizizuでもラインストーンのイヤリングが入荷中です。



      50年代前半のもの。どこのどんな女性が身につけたものなのでしょう?
      宝石のダイヤとはまた異なったガラス独特の輝きすばらしいです。
      ブラスとの色の相対もすばらしい一品なのです。



      着けてみるとこんな感じ。大きさもちょうどよく、
      華やかすぎず、肌になじむ感じはさすが!



      太陽光下に置いてみると、たちまちプリズム&光の乱反射!!
      ものすごくロマンチックです。





      ウェディングの「サムシング・オールド」にしてみてもいいかも!
      本当にシンプルなのに、素敵でうっとりです。



      ちなみにこちらは50年以上時が経ており、
      「セミ・アンティーク」扱いとさせていただきます!

      大事に使用していればますます味わいが増していき、
      すてきなアンティークになると確信しております!


       ⇒ zizizuピアスページへGO!!





      限りある資源はアクセサリーにも!バタフライ・ウィングとは?!

      0
        JUGEMテーマ:ファッション
         
        アクセサリーの素材にはそれこそいろいろなものがあるのですが、
        有名なものに蝶の羽根を使ったものがあります。

        南米に生息するモルフォ蝶の羽根を使用した装飾品は
        30年代〜モルフォ蝶乱獲の危機に際し、採集禁止になるまで
        人々は夢中になったそうです。

        その華麗な色彩とは裏腹に、毒をもつ昆虫だそうです。
        しかも好物は「腐った果実」…毒々しいですが、自然界で
        鮮やかな生き物にはたいがい毒をもっていますよね。



        さて、どのようにアクセサリーにしたのか、といえば
        「バタフライ・ウィング」といって、金属とクリスタルグラスで
        羽根を封入してカボションを製作するようで、
        ものによっては、宝石と同等の価値があったそうです。

        イギリスでは喪中のアクセサリーとして、個人の毛髪を封入した
        ブローチなどがありましたね。

        アンティークショップでもたまに状態のよいものを見かけますが、
        ものすごく、、、高くて手が出ません。




        こちらはヴィンテージのブローチです。
        その色を生かして一緒に南国の風景を描くことが多いようです。

        ミリアム・ハスケル燃そうだけど、いつかはマイ・バタフライウィングの
        アクセサリーも入手したいです。

        が、自然界のものはどうにも乱獲の歴史が気になります。

        使用されていない古いものを再活用させるなどして、
        これ以上の乱獲や自然環境敗退を防いだり、、といったことも
        考えないといけませんよね。
        個人的に楽しむ以前に、蝶も生命のある生き物なのですものね。

        新たに魅力的な素材をみつけていくのも大事なのでは、と思いました。
        すばらしいアクセサリーを製作できるように
        zizizu、がんばりたいです。






        ビンテージ・ブ−ムに乗って!ブローチの活用法☆

        0
          JUGEMテーマ:ファッション

          最近、ビンテージ&古着ブームになってきましたね!


          「おしゃれ古着」「ビンテージ」、雑誌でチラホラ見かけることが多いかも。
          それだけ1点ものの服や、今のものにはない珍しいデザインのものを欲してる人が
          多くなってきた、ということ。


          でも、ビンテージものや古着の服は、なかなか着こなすのが難しい。。
          突然古着を取り入れても、手持ちの服とあわせづらかったり。

          コンサバ好きな人がトップスなんかのアイテムの一部にビンテージを取り入れたり
          してもどこか違和感。


          そういう時にはやっぱり小物からスタートするのが良いと思います!
          で、オススメしたいのがビンテージの「ブローチ」。


          普段の服に取り入れるだけで、クラシカルに、でもモードっぽくもなります。
          保存するのに場所もとらないし(笑)
          ビンテージのブローチはデザインも珍しいしまだまだ良いものがたくさん残っています。



          「オバさんぽい」と敬遠される方もいますが、つけ方を工夫すれば古臭くなりません。
          例えばテーラードジャケットにはポケットのあたりにさりげなく。
          デコルテ中央や胸や肩は「オバ」さんぽい。「今」の気分じゃないんです(笑)

          でも、胸や肩でも2、3個つけると不思議とモードっぽくなれます。
          なので、胸や肩に着けるなら「まとめて」と覚えておくと良いです。

          「デコルテ中央」はめちゃくちゃおしゃれに自信がある人がつけると
          なおモードっぽくなりますが。。
          私は自信ありません(笑)







          あとは同じようなカーディガンを複数持っていたら、1つ「ブローチ用」にしtみては。
          ボタンを全部とってしまって、代わりにウェストのあたりをブローチで留めて
          カシュクール風にしたり、ノーカラーのジャケットだったら左胸の正当派位置に
          ブローチを止めれば一気に今年風のクラシカルに。

          カジュアルなTシャツには大きめキラキラのラインストーンブローチを
          すそや胸元ぎりぎりの位置で留めたり。




          ブローチは手持ちのチェーンに引っ掛けてペンダントとしても活躍できるし、
          そもそもビンテージのブローチにはペンダントトップとして使用できるものも多いです。
          直接肌に当たるアクセサリーではないので金属アレルギーの人も注目ですよね。


          本当に便利でおしゃれなブローチ!
          ぜひぜひチャレンジしてみてください!


           →zizizuブローチページへGO☆

           




          1

          calendar

          S M T W T F S
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          31      
          << December 2017 >>

          ↓ クリックで応援宜しくお願いいたします。

          twitter

          selected entries

          categories

          archives

          links

          profile

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM